browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

さえずりの森とは

昭和57年、ふれあいの里奥出雲公園の名でオープンした。これまでの30年間、たくさんの人々の笑顔と歓声であふれた公園も、年々利用客が減少する中、平成16年にはケビンやバンガローがリニューアルされましたが、平成22年3月、遂に閉園する事となる。

そんな中、立ち上がったのは、地元住民。「地元の施設だけん、何とかわしらでやってみーかね!」「やってみんことには、なんだい始まらんわ!」という声が挙がり、地元住民の手で運営する事となる。

自然豊かな環境に位置する為、野鳥の声が鳴り響く、というところから、住民公募によりふれあいの里奥出雲公園からさえずりの森(別名:波多ふれあいの里)へと改名し、平成22年7月に、新しく生まれ変わったのである。

地域住民による手作り運営なので、十分なサービスは出来ないかもしれませんが、利用者の皆様とのふれあいの気持ちを大切にお迎えいたします。